火計

薩摩焼は豊臣秀吉の朝鮮出兵である文禄・慶長の役の際に、薩摩の島津義弘が朝鮮から陶工たちを連れ帰ったことにより始まります。当時、 茶の湯で高麗茶碗は茶人の間でもてはやされていたことによります。

薩摩焼のみならず、唐津焼や萩焼なども、文禄・慶長の役後に渡来した陶工により起こされた窯です。

薩摩焼では陶工金海が、帖佐地方で開いた宇都窯で焼かれた茶陶は、特に古帖佐物として珍重されました。

先日南宗寺での「なんば茶会」で用いた、「火計(ひばかり)」と呼ばれる茶碗です。土も釉薬も人も朝鮮で、火だけが日本のものを使ったという意味からきています。蓮の葉の器形で、葉脈まリアルで、虫食いの穴も空けられています。全面に掛けられた釉薬には、細かい貫入があります。そこには高麗茶碗の面影を見ることのできます。この茶碗にははるばる朝鮮から連れてこられた陶工たちの故国への悲しい思いが込められているのでしょう。


15回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

石ひとつ

石ひとつ筆にも濡れて初時雨 武者小路千家11代家元一指斎が友禅染地露地絵に発句を書いています。 十徳を着た宗匠が正客で、次客と末客は裃を着用し腰に脇差をさした武士です。時雨が降っているのでそれぞれ露地笠をかざし下駄を履いて飛び石をすすんでいます。初時雨ということから炉開き、または口切の茶事に招かれたのでしょうか?よく見ると正客と次客の間の飛石があとから墨で書き加えられています。着賛された発句の「筆

​お問合せ

一般財団法人卜深庵

  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Facebook Icon

© 一般財団法人 卜深庵 All Rights Reserved.