top of page

第九

川崎和楽作になる唄の絵茶碗です。「唄」というお題の年の新年茶碗です。毎年この時期に使っています。いつの頃からか年末というと「第九」が定着しました。みんなそれぞれ異なる顔で大きな口を空けて合掌しています。毎回みなさんにとても喜んでもらっています。


閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示

春日燈篭

Comments


bottom of page