鏡板

能舞台の正面バックの松の木の絵のモデルは、春日大社一の鳥居をくぐってすぐの参道右側の黒松です。これを特に「影向の松」といいます。



この影向の松は、春日大明神がこの松に降りて来て萬歳楽を舞ったとされる木です。鏡板の松の絵は、舞台正面に影向の松があると想定し、舞台側に写ったものとされています。影向とは神仏が姿を現すことでをいいます。春日若宮神社のおん祭では、「松の下式」といって田楽や猿楽などの芸能者が鳥居の傍らのこの松の前で芸能を披露します。



延慶2年(1309)の春日権現験記にも記された古い巨木でしたが、平成7年(1995)に枯れ、現在は巨大な切り株の横に後継樹の若木が植えられています。


閲覧数:34回0件のコメント