黒船

本日の稽古は、長崎絵師政景観の自画賛「南蠻国渡来黒船長崎八港之図」を床に掛けました。お菓子は長崎にちなんで長崎カステラです。





日本之国去南東

六千八万六十海里

南蠻国有此之国文明

開化。

良政之国也

安政午年中秋長崎港

来親交厚結也

珍品多入国 国中喜也

  長崎繪師

   政景觀(印)

南蠻国渡来黒船

長崎八港之圖此繪


日本国南東に去ること六千八万六十海里に南蛮国有り、此の国は文明開化、良政の国なり、安政午年中秋長崎港に来たり親交を厚く結ぶなり、珍品多く入国し国中喜ぶなり

長崎絵師

  政景観(印)

南蛮国黒船渡来

長崎八港の図此の絵



政景観については不明です。幕末・明治初年に描かれたものと思われ、「長崎絵師」とあるから景観は黒船を実見しているはずですが、なんとも滑稽に描いています。外輪船ではありますが、両端の船底が置物の脚状です。微妙な違いはありますが左右がほぼ左右が対象です。マストにかかる帆はどう考えても「六千八万六十海里」もの航海ができるようには見えません。国旗らしき旗も「青・白・赤」ならフランス、横にして上から「赤・白・青」ならオランダですが色の配置も違います。どこの国の国旗かさっぱりわかりません。また、ドラゴンにしては貧弱で蛇みたいです。薩摩の島津家の「丸に十字」の家紋、そして人物も桃山時代の南蛮人のような服装をしています。本当に長崎の絵師なのかと疑いたくなるような絵です。どのような意図でこんな漫画のような絵を描いたのかとても興味を持っています。


「安政午年」は安政5年(1860)のことで、この年に江戸幕府はアメリカ・イギリス・フランス・ロシア・オランダの5ヵ国それぞれと修好通商条約を結んでいます。それぞれの国に領事裁判権を認め、日本に関税自主権がなかったことなどから一般に不平等条約といわれます。領事裁判権撤廃が実現したのは、明治27年(1894)日清戦争開戦直前です。第2次伊藤内閣の陸奥宗光外務大臣のもと日英通商航海条約が結ばれ、翌年にかけては他の欧米各国とも同様の改正条約が締結されました。関税自主権を回復できたのは、日露戦争後に明治40年(1907)に締結された日露新通商航海条約で、その後数年かけて他の欧米各国の間に実現しています。なお、睦奥宗光は2代木津得浅斎と交誼があり、父の伊達宗広(千広)とも初代・二代にわたり交流がありました。


江戸時代のキリシタンは隠れキリシタンとか、潜伏キリシタンとよばれ、江戸幕府のキリシタン禁令により、浦上や外海の地で密かにその信仰を守り伝えました。彼らは日本人伝道士バスチャンの「バスチヤンの四つの予言」をよりどころに、苦難の時代を耐え忍んだのです。

「バスチヤンの四つの予言」とは、その一つめが、みなを7代までわが子とする。二つめは、コンヘソーロ(告白を聞いてくれる神父)が大きな黒船でやってきて毎日でもコンピサン(告白)ができるようになる。三つめは、どこででも大声でキリシタンの歌を歌って歩けるようになる。四つめは、道で異教徒とすれ違うときには相手が道を譲るようになるでした。

そして約250年後、およそ7代後に日本に黒船が来航し、再布教のために来日した大浦天主堂のフランス人神父プティジャンに隠れキリシタンの末裔が出会い秘密を告白しました。カトリックでは「信徒発見」とか、「東洋の奇跡」といわれています。まさに「バスチヤンの四つの予言」の通りになったのです。

このこともすべて南蛮国の黒船が長崎に渡来したことがすべての始まりだったのです。そして黒船の来航が、その後の開国、大政奉還、明治維新等を決定づけたといえます。まさにこの現在の日本は黒船の来航が根源なのです。

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示