柳は縄文時代から石斧(せきふ)の柄(え)や漁労用具として用いられてきました。『万葉集』に、


  青柳の枝伐り下ろし齊種(ゆたね)蒔き    ゆゆしき君に恋ひわたるかも


と歌われています。「青柳の枝を切り取って田に差して神聖な種を蒔くように、畏れ多い身分のあなた様に恋してしまったようだ」。斎種とは、豊穣を祈って斎(い)み清めた種籾のことです。昔から田の水口に柳をさす風習があり、田の神を勧請するためとか、柳は挿木でよく根づくことから稲の根を張るようにとの類感呪術とみられています。ちなみに柳は「箸を立てても芽が出る」といわれるほど生命力の強い植物です。また『同集』には、


  青柳の上(ほ)つ枝(え)よぢとりかずらくは   君が屋戸(やど)にし千年(ちとせ)寿(ほ)くとぞ


とあり、「葉をつけた柳の柔らかな枝を手折って蔓にするのは、あなたの家で千年の栄えを祝うためである」という意味で、春に柳が真先に芽吹くことから生命力復活のシンボルとされてきました。昔の人は柳で鬘(かずら)を作って挿頭(かざ)すことで、さまざまな願い事が成就できると信じていたのです。  こうした風習は中国の影響によるものだそうです。昔の中国では正月の朝、柳の枝を戸口に挿して百鬼が家に入るのを防ぐ習俗があったそうです。また「柳」は「竜」に音が通じるものとして科挙に合格する登竜門にあやかろうと、橋のたもとにある柳の枝を一枝折って子に与え、竜(柳)になれと子を励ました故事や、その生命力の強さなどによるそうです。 唐代の張喬の漢詩に、


   寄維揚故人   離別河辺綰柳條 千山万水玉人遥   月明記得相尋処 城鎖東風十五橋

   維揚(いよう)の故人(こじん)に寄(よ)す   離別(りべつ)河辺(かへん)に 柳條(りゅうじょう)を綰(わが)ぬ。   千山万水玉人(ぎょくじん)遥(はる)かなり。   月明らかにして 記得(きとく)す相(あい)尋ぬる処(ところ)。   城は東風を鎖(とざ)す十五橋(じゅうごきょう)。


維揚は中江蘇省揚州市のことで、「川辺で旅立つ旧友と別れを惜しんだ時に柳の枝を輪に結んで無事の帰還を祈った。多くの山や川を越えて友は遥か彼方に旅立って行く。月明かりはお互いに尋ねるところを覚えている。たくさんの橋のある揚州城内には春風が充ち満ちている」という意味です。昔の中国では旅人を見送るときに送る者と送られる者が互いに柳の枝を持って輪に結び合わせて別れる風習がありました。柳の枝はしなやかで簡単に輪にすることができます。生命力の強い柳は自らその輪を解いて元の姿に戻ります。旅立つ人が柳にあやかり道中無事で再び戻ってこれるようにとの思いを込めた習慣です。そして輪を表す文字である「環」が「帰還」の「還」と同音であるため、輪(環)に結ぶことで無事に帰還するという心を表すということだそうです。また「柳」の音が「留」と同音であることもあります。