top of page

かきつばた

先代有隣斎室澄子夫人の煤竹茶杓「かきつばた」です。

から衣きつゝなれにしつましあれバ

はるばるきぬる旅をしぞ思ふ


と有原業平の歌が箱に認めています。

その繊細でシャープな姿が杜若の葉を連想することから命名してくださった思い出の品です。

閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

春日燈篭

コメント


bottom of page