令和4年度 卜深庵初釜

新型コロナの蔓延で各茶会が中止を余儀なくされ、稽古の参加者も激減する昨今ですが、今年は感染対策を十分に施して限られた方をお招きして黒谷西翁院で催しました。





当日は、今年の干支である虎に因む道具や新年を寿ぐ道具組でお茶を差し上げました。特に濃茶席の床には戦国大名の三好長慶の帰依を受け、堺の南宗寺の開山で大徳寺90世大林宗套(だいりんそうとう)の一行「虎嘯而風烈(虎嘯きて風烈しい)」の墨蹟を掛けました。一日も早く新型コロナを烈しい風で吹き飛ばしてもらいたいとの思いを込めました。大林は武野紹鴎はじめ堺の豪商の帰依や茶人の参禅を受け、後の堺での茶の湯の発展に多大な影響を与えたた禅僧です。

感染防止にとても気を使いましたが、とりあえず無事終えることができました。本当にお出ましにくい中をお越し下さいました方には心より御礼申し上げます。また早朝より水屋を手伝ってくれた社中の皆さんのおかげです。本当にありがとうございました。

なによりも普段LINEやメッセージでやりとりしている人たちと直接顔を合わせて話をするのがとても心地よく、なんともスッキリした気分に浸ることができました。便利な時代になっても、やっぱり直接接するということには及びません。改めて人と人との繋がりとはどういうものかというのがよく分かりました。




                   会 記

                          時、二月二十日

                          於、黒谷西翁院


                   寄 付

床  愈好斎虎画賛 抱朴子日、虎寿千歳五百歳、則変白

   不徹斎箱

 炭斗 凌雪好 アイヌ莚丸 愈好斎箱                木遊軒造

 羽箒 朝鮮鶴 無適斎箱 

 鐶  大釻 普斎箱                    

釜敷 糸組 梅