八朔(はっさく)

八朔とは八月朔日の略で、旧暦の8月1日のことです。今日は茶の湯の世界では、各家元で門人や出入りの職方や業者により八朔の挨拶が行われます。



また、京都の花街でも黒紋付に白塗りの正装をした芸妓や舞妓が日頃からお世話になっているお茶屋さんに「おめでとうさんどす」って言って挨拶回りをします。そもそも八朔とは、早稲の穂が実り始める大切な時期で、農家では互いに助け合うための結びつきを強める目的で、八朔に新穀を主家や恩人などに贈る風習が古くからありました。



これは「田の実」が「頼み」に転じたことによるそうです。また、この頃から台風の被害や害虫・鳥の被害を受けることも多くなるので、本格的な収穫を前に豊作祈願と田の実りをお供えするという意味を込めて、「田の実の節句(たのみのせっく)」または「田の実の祝い」という行事が行われていました。また八朔の頃から台風が来ることが多く農作物の被害が多くなり、八朔は二百十日(にひゃくとおか・立春から210日目)と二百二十日(にひゃくはつか・立春から220日目)と併せて、「農家の三大厄日」の一つとされています。



この農家の風習が鎌倉時代の後期には武家や公家の間にも広がり、室町幕府では公式の行事として採用され日頃世話になっている人に、その恩を感謝する意味で贈り物をするようになりた。そして徳川家康の江戸城入城が天正18年(1590)8月朔日であったことから、特に八朔は江戸幕府の重要な日として重んじられるようになり、正月に次ぐ祝日とされました。この日に八朔御祝儀として、大名や旗本が江戸城に白帷子を着して総登城し、将軍に祝辞を申し述べました。



長文になりますが、大名の江戸城総登城について以下に記します。




江戸時代、各大名はそれぞれの領地の君主であるとともに幕府に仕える身でもありました。このうち、老中や若年寄といった要職に就くと参勤交代は停止され江戸詰めとなり毎日江戸城に上がりました。それ以外の江戸に滞在中の大名および水戸藩など常駐している大名が江戸城に上がり、定例の月次登城が毎月28日、そして1日と15日、元日、五節句、八朔、家康の命日4月17日等に江戸城に上がり将軍に拝謁(拝賀)することで違背の気持ちがないことを常に示す必要がありました。大名が江戸城に上るにあたり、どれだけ近くに屋敷があっても供を揃えて行列を仕立てることになっていました。