嗚呼忠臣楠子墓

南北朝時代、後醍醐天皇に忠義を尽くした楠正成は湊川の戦いで自刃しました。

忠臣正成に格別の尊敬の念わ抱いていた水戸藩主徳川光圀(義公)はそのお墓に「嗚呼忠臣楠子之墓(ああちゅうしんなんしのはか)」の碑を立て、墓所を立派に建立し、その顕彰に尽力しました。








閲覧数:38回0件のコメント

最新記事

すべて表示

三上山

荒物屋