豊公愛樹五色八重散椿

地蔵院の五色八重咲散椿は、文禄の役で加藤清正が朝鮮の蔚山城(うるざんじょう)から持ち帰り、北野大茶湯で豊臣秀吉から献木されたものだと伝えられています。初代は枯死し、現在は樹齢約120年の二世椿です。本当に見事な椿で牡丹のような大輪です。牡丹の花と見紛うほどの見事な花です。

ちなみに初代は中にはあった樹齢400年の古木で、昭和54年に下水工事で水脈が変わり枯死してしまったそうです。













閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

三斎井戸

あやめ