• 木津宗詮

越溪茶(政所茶)

 売茶翁が絶賛した「越溪茶(えっけいちや)」は、鈴鹿山脈に源を発する愛知川の支流、御池川の谷間、政所(まんどころ)の地で作られた茶です。「宇治は茶所、茶は政所」と茶摘み歌でも唄われ、江戸時代には東北まで流通し、朝廷や彦根藩にも献上されました。なお、売茶翁が飲んだ越溪茶は、今日の緑茶とは異なり、黒茶という茶だったそうです。




0回の閲覧
​お問合せ

一般財団法人卜深庵

  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Facebook Icon

© 一般財団法人 卜深庵 All Rights Reserved.