top of page

6月3日 稽古場の床

江戸時代後期の公家千種有功の二首詠草を床に掛け、時代の置籠に五月梅と金糸梅・下野草・蛍袋・皐月を入れました。


             有功

  夏祝

石上ふるのわさ田もにきはひて

としあるみよのさなへとる也

  五月雨

玉たれに残るあふふのかれはさへ

うるひにけりなさみたれのころ



閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

春日燈篭

Comments


bottom of page