念仏往生

更新日:2019年9月16日

   念仏往生  弥陀佛導引しるへ一すちに  まよはさりとの誓たのもし 澄覚


 阿弥陀如来のお導きを一筋に信じれば、迷わず極楽往生できるという如来の誓いが頼もしい。澄覚、すなわち冷泉為村の「念仏往生」という題の短冊です。  阿弥陀如来は、梵名「アミターバ」といい、それを「阿弥陀」と音写し、「阿弥陀仏」略して「弥陀仏」ともいいます。「アミターバ」は無限の光をもつものとか無限の寿命をもつもの意味で、これを漢訳して・無量光仏、無量寿仏ともいいうそうです。  ひろさちやの『ひろさちやと読む歎異抄』によると、


 阿弥陀仏はもともとは法蔵比丘(ほうぞうびく)という人間だった。それはそれは遠い遠

 い昔の出来事である。一人の国王があった。彼はあるとき発心して、王位を捨てて出家を

 した。この出家者の名が法蔵比丘である。彼はもろもろの仏たちの浄土を見学し、そして

 五劫という長い長い時間にわたって思惟したのち、みずから願---請願---を立てた。その願

 は四十八あった。四十八願にはさまざまな願いが込められて