マタギ

最終更新: 2020年11月28日

大正2年前後のマタギの集合写真。手甲脚絆に草鞋を履き、前列右の人は足袋に下駄。猟銃はとても長い村田銃。後列左端の人は明治37年1月生まれだそうです。当時の銃は不発が多く、熊狩りは大変危険だったとのこと。昭和40年初めまでは散弾は、鉛を溶かし形に流し込んで自分で作り、火薬は黒色でした。なお、今は無煙火薬です。

なにかの記念に写真なのでしょう。ここにいる人はみんな亡くなっているのでしょうね。


12回の閲覧0件のコメント
​お問合せ

一般財団法人卜深庵

  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Facebook Icon

© 一般財団法人 卜深庵 All Rights Reserved.