上げ底

 上げ底とは、物を入れるためのものの底を高くすること。また、そうしたもの。量が実体よりも多く入っているように見えるためのものをいいます。

 かつて下鴨神社献茶祭の副席担当した時に用いた江戸時代の同神社の土器(かわらけ)です。土器は神様のお供物である神饌を載せる器です。この土器の底は饅頭を載せたように盛り上がっています。上に載せる神饌をより高く豪華に盛るために上げ底をしているのです。神さん本意でなく見ている人本意です。なんとも複雑な器です。

 なお、土器は使ったあと土に還すのが本業ですが、この土器は幕末の陶工高橋道八が葵の絵を描いて透明釉を掛けて補っています。









59回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

石ひとつ

石ひとつ筆にも濡れて初時雨 武者小路千家11代家元一指斎が友禅染地露地絵に発句を書いています。 十徳を着た宗匠が正客で、次客と末客は裃を着用し腰に脇差をさした武士です。時雨が降っているのでそれぞれ露地笠をかざし下駄を履いて飛び石をすすんでいます。初時雨ということから炉開き、または口切の茶事に招かれたのでしょうか?よく見ると正客と次客の間の飛石があとから墨で書き加えられています。着賛された発句の「筆

六根

​お問合せ

一般財団法人卜深庵

  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Facebook Icon

© 一般財団法人 卜深庵 All Rights Reserved.