震源地

本願寺は親鸞の廟堂に対して亀山天皇より下賜された「久遠実成阿弥陀本願寺」(くおんじつじょうあみだほんがんじ)の略称です。

最初は大谷本願寺にあったが延暦寺宗徒の攻撃をうけ破壊されると(寛正の法難)、蓮如は越前吉崎御坊に移り、大谷本願寺の再建を願い京都に近い山科の地に再興します。

山科本願寺の戦いで灰塵に帰し、その後、石山本願寺、鷺森・貝塚・天満の各本願寺、そして東西本願寺と変遷して現在に至ってます。

この地が中世の日本の社会・歴史を大きく左右した震源地です。









































21回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

釣瓶

山ヒル