指金

「大工の三宝」とは、「指金(さしがね)」「墨壺(すみつぼ)」「釿(ちょうな)」の三つの道具をいい、昔から大切に扱われてきました。毎年正月に一年間の安全を祈り、指金と黒壷・釿を用いて「釿始めの儀」を行なっています。大工は決して指金を落としたり跨ぐなどの粗末な扱いをすることはなく、とても大切に扱ってきました。

指金は曲尺(かねじゃく)とか鉄尺・尺金・大工金・矩差(かねじゃく)規矩尺(くぎじゃく)などと呼ばれます。聖徳太子が15歳の時、百済の国に秦河勝(はたのかわかつ)を遣わせて算具と工匠の建築用具をわがが国に持ち帰らさせたといわれています。また 聖徳太子が四天王寺を建立したとき中国の隋から番匠を招き、その番匠達が大工道具と共に携えてきたともされています。

指金には長い方と短い方があり、長い方を長手とか長腕・長枝、短い方を短手・妻手・短腕(つまうで)・短枝(たんし)、直角に曲がった角の所を矩の手といいます。また指金の裏目(角目)には表目寸法の√2倍の伸び目盛があり、短手の裏の内目には丸目といって丸材の円周が一目でわかるという便利な目盛が刻まれ、またいろいろな補助目盛もあります。 長手の裏目の内側には魯般尺(ろはんじゃく)とか北斗尺・門尺・天星尺・玉尺・吉凶尺・八掛尺・門明尺と呼ばれる目盛があります。

この目盛の寸法は1尺2寸を8等分し、1等分を1寸5分として、「財・病・難・義・官・劫・害・吉」の文字がきざまれています。 この寸法は中国の大工の神とされている魯般が夢の中で北斗七星の文曲星に教えられて作ったとされています。また、魯般が昔、天竺で習ってきたともいわれています。『淮南子(えなんじ)』に、魯般は姓は魯、諱(いみな)を班、字(あざな)を公諭(こうゆ)または衣智(いち)といい、魯の定公3年に生まれ、15歳の時に孔子の弟子の子夏に入門し数ヶ月ですべてのことをマスタ