• 木津宗詮

初代松斎宗詮25 一乗院門跡尊応入道親王

 尊応入道親王は伏見宮貞敬((ふしみのみやさだゆきしんのう)親王の第四王子で、仁孝天皇の猶子となり、親王宣下を受け、一乗院の41代門跡となる。のち粟田口青蓮院に移り、天台座主となる。勤皇家として活躍して安政の大獄に連座した。孝明天皇の信任が厚く,還俗を命じられ中川宮(なかがのわみや)のち賀陽宮(かやのみや)と称した。公武合体派の巨魁であり、明治元年(1868)、反政府運動の嫌疑で広島藩に幽閉され、のち許されて新宮家である久邇宮(くにのみや)家を立て、朝彦(あさひこ)親王と称し、神宮祭主兼造神宮使に任命され、没するまでその職にあった。明治二24年(1891)10月25日、67歳で没している。


久邇宮朝彦親王(一乗院門跡尊応入道親王) ウイキペディアより


 どのような経緯で松斎が一乗院と関係を持ったかは不明であるが、此中斎の実家新善法寺家は石清水八幡宮の社司で、当時の石清水八幡宮も一乗院と同じく真言宗であり、その関係からであったかも知れない。なお、一乗院最後の門跡で42代の応昭(おうしょう)は近衞忠煕(ただひろ)の八男で、還俗して水谷川忠起(みやがわただおき)と名を改め、男爵となり、春日大社の初代宮司となっている。忠起の養嗣子の忠麿(ただまろ)は一乗院が武者小路千家の茶の湯を行っていたことから、昭和14年(1939)2月に武者小路千家12代愈好斎に入門し熱心に茶の湯を嗜んでいる。なお、忠麿も戦後初の春日大社6代宮司に就任している。


水谷川忠起(一乗院門跡応昭) 春日大社蔵

水谷川忠麿 春日大社蔵

247回の閲覧

最新記事

すべて表示

2代得浅斎宗詮3 一指斎の後見

得浅斎は、松斎の茶の湯を義母の柳とともに支えた。武者小路千家は此中斎の離縁により、急遽新たに後継者を迎える必要に迫られた。「登士録」に、嘉永5年(1852)3月22日に表千家の吸江斎の息子で、以心斎の甥にあたる辰之助、のちの一指斎が再養子として入家している。辰之助が5歳の時のことであった。「松平家譜」には、同5年4月19日に、「茶道格別之家筋」ということから、未だ幼年ではあるが、十人扶持を支給され

2代得浅斎宗詮2 茶の湯修行

家元への入門並びに許状の台帳によると、得浅斎は天保6年(1835)、14歳の時に武者小路千家九代好々斎に入門している。なお、好々斎はその10日後に41歳で没しているので、好々斎に直接茶の湯の指導を受けることができなかったと思われる。いずれにしろ好々斎の最後の弟子の一人であったといえる。 同10年(1839)3月に小習六ヶ条と、唐物点・茶桶箱、同年10月には台天目と盆点・乱飾、そして流儀の最奥義であ

​お問合せ

一般財団法人卜深庵

  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Facebook Icon

© 一般財団法人 卜深庵 All Rights Reserved.