天下の三名水

 「天下の三名水」とは、古来、茶の湯で尊重されてきた「佐女牛井(さめがい)」と「柳の水(やなぎのみず)、「三ノ間の水(さんのまのみず)」の三つの名水をいいます。


佐女牛井

 京都市下京区堀川通五条下ル西側、京都東急ホテルの直ぐ南の歩道の植え込みの中に「佐女牛井之跡」の石碑がひっそりと建てられています。その説明の駒札に、「佐女牛井」は京の名水として平安時代より知られ、源氏の邸いわゆる六條堀川館の中にとりいれられていました。室町時代には南都(奈良)の僧村田珠光がこの畔に庵居し茶の湯を嗜みました。8代将軍足利義政も珠光の庵を訪ねて佐女牛井の水で茶を飲んだとされています。その後も武野紹鴎や千利休などの茶人に好まれ、天下一の名水として有名になりました。

 元和2年(1616)には織田有楽斎が佐女牛井を改修しています。内径2尺4寸(約73センチ)の円井戸でした。その後、天明8年1月30日(1788)の天明の大火に罹災し埋もれてしまいましたが、寛政2年(1790)、藪内家6代竹陰によって修補され、その後、8代竹猗によって碑が建てられました。ところが昭和20年(1945)、大東亜戦争最末期の堀川通の拡張のため周辺の民家の強制疎開で円井戸と碑も撤去されてしまいました、昭和44年(1969)醒泉小学校百周年記念事業の一つとして、元の佐女牛井のあったあたりに新たに「佐女牛井之跡」の碑が建てられ、その名水を偲ぶよすがとされて今日に至っています。なお、以前さる美術商から聞いた話ですが、昭和30年代には佐女牛井の井筒は大和郡山のさる数寄者が所持していたそうです。その後、その数寄者も亡くなり井筒も処分されてしまい、現在は所在不明とのことです。