天下第一泉

 昭和14年(1939)1月12日、中国玉泉山の名水を用いて家元初釜が行われました。玉泉の名水は、北京郊外西北25清里、玉泉山静明園の井水で、乾隆帝が「天下第一泉」と定めた名水です。同13(1938)年の大晦日の夜に、大阪木津川飛行場へこの名水が詰められた一升瓶6本が届きました。中国からこれを送ったのが愈好斎の友人で逓信省より特殊任務を帯び、その部隊に所属する今井博でした。


 玉泉と呼ばれる泉は、北京の頤和園の西に位置する玉泉山の南麓にあります。水が碧色をした綺麗な玉のようであることからこの名前が付きました。玉泉にある龍口はその遠望は龍が水を汲むようであり、近くで見ると白雪が飛び散るようにも見えるといわれ、「噴雪泉」ともいわれていました。古来、玉泉はその美しさから「燕京八景」の一つに数えられていました。 元々玉泉山には十数ヶ所の泉があり、総流