後醍醐天皇行在所

『増鏡』によると、


海づらよりは少し入りたる国分寺といふ寺を、よろしくさまにとりしひておはしまさむ所にさたむ


とあり、隠岐国分寺が行在所とされています。なお、島前の西ノ島の黒木御所も行在所といわれていて、実際、その所在は判然としないそうです。