酒の徳と茶の徳1

 室町時代美濃の国(岐阜県)の僧蘭叔(らんしゅく)が著した『酒茶論(しゅちゃろん)』という本がある。酒の愛好者「忘憂君(ぼうゆうくん)」と茶の愛好者「滌煩子(じようはんし)」が古典を引用し、風流韻事を述べつつそれぞれ酒と茶の功徳・高潔・優劣を競い、最後に「一閑人(いっかんじん)」が登場して「酒は酒、茶は茶」といって両者を仲裁して引き分けるという内容である。

 酒と茶、タバコ、コーヒーは、心地よい香りと刺激を得ることができる世界の「四大嗜好品」といわれている。これらは単に嗜好品であって人が生きるにあたり欠かすことのできないものではない。そのなかでも古くから日本人の生活の中で酒と茶ほど多くの人々に支持されてきた嗜好品はないであろう。ただし、キリスト教ではワインを通じて植物色素やビタミンを摂取し、茶も漬け込んで発酵させてから保存ができるように乾燥してビタミン源とし、団茶に加工したものをモンゴルの遊牧民は栄養源としていている。そういう意味では民族や時代地域によっては単なる嗜好品でない側面もある。


酒の徳

 酒については、古くは『古事記』や『日本書紀』にの記述がある。富士山本宮浅間大社(ふじさんほんぐうせんげんたいしゃ)の祭神であり富士山頂に祀られている木花之開耶姫(このはなさくやひめ)が初代天皇である神武天皇の祖父彦火火出見命(ひこほほでみのみこと)を生んだことを喜んで、父である三嶋大社(みしまたいしゃ)の大山祇命(おおやまつみのみこと)が娘の木花開耶姫が米を用いて日本で最初に造った酒、「天甜酒(あめのたむざけ)」を神々に捧げたとある。また少彦名神(すくなひこなのかみ)が酒造りを広めたと。つまり、酒ほど日本人との関わりが深い飲み物はないのではなかろうか。そして今日、奈良の大神神社(おおみわじんじゃ)や京都の松尾大社(まつのおたいしゃ)など全国各地に酒の神を祀った神社があり酒造りに関わる人々の信仰を集めている。