高山右近と茶の湯

 茶人としての右近については多くの記録が残されていません。天正5年(1577)『津田宗及茶湯日記』にはじめて名が出ています。また天正12年(1584)の秀吉の茶会にも名を連ねています。若干の茶会記からは、若いころから利休の茶の湯に触れ、戦地に赴むく時も、住まいにいても、どのような状況にあってもそれぞれの地で茶会を行っています。道具については「侘助茶入」以外に唐物を使用した記録はなく、また特別な道具を使用した記録も残っていません。そうしたことから道具に対する執着心があまりなく、しかも侘びた道具を主に使用していたようです。茶室は二畳敷きで床無しの極めて質素で侘びた茶室を好んでいました。書状や逸話史料からは、右近が茶の湯に対して細かいこともおろそかにせず、常に真摯な態度で取り組み、人々から尊敬されるほど造詣が深かったようです。また、右近は利休の侘び茶を理解し、双方とも自分の信念を貫く強さを持ち合わせているという共通点がありました。なお、右近と利休の逸話に、秀吉がバテレン追放令を出した時、秀吉は右近の才能を惜しみ利休を遣わせて棄教を促しました。右近は「主君の命令に背いても志を変えないのが真の武士である」と答えとあります。そこには『聖書』のマタイによる福音書16章の、  弟子たちに言われた。「わたしについて来たい者は、自分を捨て、自分の十字架を背負っ

 て、わたしに従いなさい。自分の命を救いたいと思う者は、それを失うが、わたしのため

 に命を失う者は、それを得る。人は、たとえ全世界を手に入れても、自分の命を失った

 ら、何の得があろうか。自分の命を買い戻すのに、どんな代価を支払えようか。人の子

 は、父の栄光に輝いて天使たちと共に来るが、そのとき、それぞれの行いに応じて報いる

</