北風正造


北風正造は、郷士長谷川織部景則と登士子との間に、天保5年(1834)2月11日に山城国紀伊郡竹田村(現京都市伏見区竹田)に生ましれました。現在、長谷川家の氏神である城南宮には、正造が北風家に入家したのちに寄進した鳥居が残されています。





幼名を尚之輔、字は憲成、荘右衛門と称し、後に正造と改めています。父の景則は夙に尊皇の志が厚く、鳥羽天皇の山陵長となり、母の登士子は有栖川宮家の老女で祐筆を勤めました。近親にも同宮家に勤めている者もいました。正造はこのような環境に生まれ、幼少より勤皇の心を胸に深く刻み付けられて成育しました。9歳の時、関白九條道孝に仕え近侍となり、15歳で九条家を辞し、清水寺の忍向のもとに出入りをし、勤皇の志士達と交わり、剣術を学び17・8歳の頃には中谷謙助と名乗り、志士の群れにはいりました。19歳のとき兵庫の北風貞和の養子となり、荘一郎貞知と名を改めました。まもなく養父貞和が隠居し、正造が家督をつぎ66代荘右衛門貞央と名乗りました。