売茶翁1

 売茶翁の生涯は、売茶翁との交遊や伊藤若冲を支援したことで知られる、相国寺一一三世梅荘顕常(ばいそうけんじょう・大典:1719~一1801)の「売茶翁傳」(『売茶翁偈語』の巻頭に所載)や、京都の人で文筆家、歌人として名を馳せた伴蒿蹊(ばんこうけい1733~1806)の『近世畸人伝』(1790年初版刊行)などに紹介されています。



それらによれば、売茶翁は蓮池藩・鍋島家に仕える医師であった父柴山杢之進常名(もくのしんつねな)と母みやの三男として延宝3年(1675)、肥前蓮池道畹(佐賀市)に生まれました。幼名を菊泉といいます。八歳の時に父が亡くなり、11歳で同郷の龍津寺(りゅうしんじ)に入って黄檗宗の隠元隆琦い(んげんりゅうき・1592〜1673)の弟子独湛性瑩(どくたんしょうけい・1628〜1706)の法を嗣いだ化霖道龍(けりんどうりゅう・1634〜1720)について出家し、月海元昭