初代松斎宗詮18 大綱宗彦

更新日:2019年10月5日

 大綱宗彦(だいこうそうげん)は、法諱を宗彦、道号を大綱、空華室くうげしつ・昨夢・向春庵と号している。安永元年(一七七1772)に京都に生まれ、定かではないが母は光格天皇の乳母であったと伝えられている。6歳の時に黄梅院の大徳寺409世融谷宗通(ゆうこくそうつう)に師事し、師の跡を継ぎ黄梅院14世となり、文政3年(1820)49歳の時に勅を奉じて開堂し大徳寺430世となっている。大綱は大徳寺の内外の有力者と交流が多く、黄梅院が毛利家の菩提寺であった関係から毛利家、また有栖川宮をはじめ公家とも深い関わりがあり、勤皇の志も強かった。そして安政7年(1860)に89歳で示寂(じじゃく)している。その残された日記『空花室日記』77巻は、文化13年(1816)45歳の3月朔日から、示寂する2日前の2月14日に至る44年間にわたる日記である。

 大綱は茶の湯や詩歌・書画にすぐれ、特に和歌をよくした。和歌は武者小路公隆(むしゃのこうじきみたか)に学び、千種有功(ちぐさありこと)や高松公祐(たかまつきんさち)・清水谷公正(しみずたにみみまさ)・賀茂季鷹(かもすえたか)らと親交し、特に晩年の歌風が狂歌体となっている。生涯に2万余首の詠歌と3千数百の詩偈を作ったとされている。また茶の湯は佐々木三味によると一啜斎に師事したとの伝えもあるといい、茶の湯も熱心に嗜んでいた。

大綱と松斎

 松斎の参禅の師が大綱である。『空華室日記』には松斎の記述が各所にあり、60代の松斎の足取りを知ることができる。

 松斎との関わりは、大綱の『空華日記』によると、天保6年(1831)1月25日に、好々斎が没し後継者として表千家の吸江斎きゅうこうさいの弟である以心斎いしんさい