三の間

 宇治川は京都府宇治市を流れる川です。その宇治川にかかる宇治橋は、孝徳天皇の大化2年(646)に元興寺(がんこうじ)の道昭(どうしょう)が最初に掛けたとされています。「瀬田の唐橋」と「山崎橋」と共に、日本三古橋の一つに数えられます。『都名所図絵』に、


  三間の水 山城の名水なり。瀬田の橋下、竜宮より湧き出づる水、このところへ流れ来

  るなりと、また一説には、竹生嶋弁才天の杜壇の下より流れ出づるといふ。秀吉公伏見

  御在城のとき、つねに汲ましめたまふ、通円が茶屋 橋のひかし爪にあり。いにしへよ

  りゆききの人に茶を調てて、茶茗を商ふ、茶店に通円が像あり。むかしより宇治橋掛け

  替へのときは、この家も公務の沙汰とし造りかへあるとなり。



『都名所図絵』宇治橋

「三の間(さんのま)」とは、宇治橋の西詰より三つ目の欄干のところ幅一間ほどにわたり橋板を張出した部分のことで、当初は橋の守護神の橋姫の社殿が設けられていました。この下を流れる水は「竜宮より湧き出づる水」とか「竹生嶋弁才天の杜壇の下より流れ出づる」とかいわれ、古来、名水とされていました。豊臣秀吉は茶事をするにあたり、通円に命じて、五更の時刻(日の出までのおよそ2時間あまりの間)汲み上げさせ伏見城に運ばさせたといわれています。その時に用いたとされる釣瓶は秀吉が利休に命じて特別に作らせたとされ、橋のたもとの茶店通円に伝えられています。「通円の像」は一休の作とされ、茶筅と茶碗を持った木像です。宇治橋の架け替えの時は、幕府により通円の家も建て替えられていたということです。