直斎茶杓 鶯宿梅

 わび茶の開山村田珠光は大徳寺の一休宗純に参じ「茶禅一味」の境地を体得し、その弟子の武野紹鷗は同じく大徳寺の大林宗套(だいりんそうとう)に参禅しわび茶を深めました。そして千利休は笑嶺宗訢(しょうれいそうきん)に就いてわび茶を大成しまし、その後、千家の歴代は大徳寺の禅匠に参禅しています。武者小路千家は大徳寺と同じ臨済宗の相國(しょうこく)寺と深い関わりがありました。同寺の塔頭林光(りんこう)院に、古来有名な鴬宿梅という梅の木が守り伝えられています。この銘木で作られた茶杓『鴬宿梅(おうしゅくばい)』と武者小路千家と相國寺の関わりについて述べます。


    鶯宿梅 林光院

   

 直斎 鶯宿茶杓


 鴬宿梅    千宗守 花押(筒表)

 勅ナレハ最モ賢シ鴬ノ宿ハト

 問ハ如何カ答ン 花押(筒裏)

 以鴬宿梅香合残木造焉 二十箇之打

 松鴎庵玉峯誌 花押(箱内)

 鴬宿梅茶杓  直斎筒

 書付名判有 花押(箱甲)


 鶯宿梅の古材で戸澤左近の下削りになる茶杓です。櫂先は堂々とした丸みを帯びた幅広の力強い趣で、中程にかけてすらりと細くなり、切止近くでわずかに太くなった非常に端正な作振りです。筒は真削りで、筒表に「鴬宿梅 千宗守 花押」と直斎が記し、筒裏には林光院の住職三甫(さんぽ)が「勅ナレハ最いとモ賢かしこシ鴬ノ宿ハト問ハ如何カ答ン」と紀貫之の娘の和歌が書かれています。箱には相國寺塔頭松鴎(しょうおう)庵の玉峯(ぎょくほう)が鴬宿梅香合残木で作り、二十個の内の一つである由を記しています。なおこの茶杓は平瀬露香が所持していたものです。