玉川

玉川


駒とめてなほ水かはん山吹の

花の露そふ井手の玉川

        (藤原俊成「新古今和歌集」)


玉川は京都府綴喜郡井手町の木津川に注ぐ川です。玉川は水量は少なく、水無川(みずなしがわ)の異名もあります。なお、井出という地名は「川の流れを堰き止め水を留める」ことを意味する井堤(井堰)がもとになっているそうです。「井手の玉川」は山吹の名所とされ、『古今和歌集』では井手は歌枕として山吹とともに詠まれています。


閲覧数:36回0件のコメント