関羽



杉木普斎作になる竹茶杓「関羽」です。これも先日の茶事で使いました。

関羽は三国志の劉備・張飛と義兄弟の義を結んだ三兄弟の一人です。武勇に優れ、劉備の忠臣として活躍し、後世,神格化され関帝と呼ばれ、軍神・財神として関帝廟に祀られ、あつい民衆の信仰をうけています。なお、関羽が財神として商人により大切に祀られるのは、劉備が曹操に敗れて関羽が捕らえられた時、曹操は関羽を厚く礼遇をし、その帰順を勧められます。ところが関羽はそれを断りました。その後、曹操の宿敵袁紹との戦いで、袁紹の部将である顔良の首を斬って置土産たとし、曹操から受けた恩義を返し,そのまま再び劉備のもとに帰って献身しました。こうしたことから信義のあつい関羽を契約の神とし、それがのち