top of page

道明らけき寺の名

夜は明けぬれど心の闇路、照らすは法(のり)の御誓ひ、道明らけき寺の名も、道明寺とて今もなほ、栄えまします御神の、生けるが如き御姿、こゝに残れる物語。

「菅原伝授手習鑑」二段目「道明寺」。無実の罪で左遷される菅原道真公が、配所に赴く前に叔母君覚寿尼公に暇乞いに道明寺を訪れ、悪者の計略から逃れ、別れを惜しみ配所に出立する最後の下りです。浄瑠璃の名文です。まさに「道明寺」。昔の戯作作家は本当にお見事です!


閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page