利休七ヶ条

先代有隣斎宗匠筆になる「利休居士七ヶ条」です。

木耳付有馬籠に秋草種々をいれました。



利休居士七ヶ条

花は野の花のように

炭は湯のわくように

夏は涼しく

冬は暖かに

刻限は早めに

降らずとも雨用意

相客に心をつけよ

      右

   癸亥夏

     守(花押)



とても単純な内容ですが、これほど難しい教えはありませんね!

閲覧数:67回0件のコメント

最新記事

すべて表示

柳桜園