夏は涼しく

更新日:2020年12月11日

 夏は涼しく。利休さんの茶の湯の教えである「利休七箇条」のひとつです。まことに簡単なようですが、これを実践するのはまことに難しい事です。

 エアコンや扇風機のなかった時代、いくら今よりはまっしだったといっても、日本の夏は暑くて辛くて過ごしにくい季節でした。そうした夏の思いを言い表した和歌があります。『新古今和歌集』夏の素性法師のに、


惜しめどもとまらぬ春もあるものを

言はぬにきたる夏衣かな


春が行ってしまうのは残念なことですが、季節の移り変わりでどうすることも出来ません。夏に「来い」と言ったわけではないのに夏になって「着る」夏服であることよ。春への惜別の想いと、夏の到来を嫌がっている歌です。

 それに対し、『古今和歌集』夏の巻末歌の凡河内躬恒には、


夏と秋とゆきかふ空の通い路は

かたへ涼しき風や吹くらむ


去りゆく夏と訪れる秋が行き違う空の通り路では、片方にだけ涼しい風が吹いているのでしょうか。ようやく夏の終わりを迎え、待ちに待った涼風の吹く秋がやってくる喜びに溢れています。まさに夏は我慢の三か月間だったのです。