大倭豊秋津島(おおやまととよあきつしま)

子淡道之穂之狭別島(あわじのほのさわけのしま)を生みたまひき。次に伊予之二名島(いよのふたなのしま)を生みたまひき。この島は身一つにして面(おも)四つあり。面ごとに名あり。かれ伊予の国を愛比賣(えひめ)といひ、讃岐(さぬき)の国を飯依比古(いひよりひこ)といひ、粟の国を、大宜都比賣(おおげつひめ)といひ、土左の国を建依別(たけよりわけ)といふ。次に隠伎之三子島(おきのみつごのしま)を生みたまひき。またの名は天之忍許呂別(あめのおしころわけ)。次に筑紫島(つくしのしま)を生みたまひき。この島も身一つにして面四つあり。面ごとに名あり。筑紫の国を白日別(しらびわけ)といひ、豊国(とよのくに)を豊日別(とよひわけ)といひ、肥国(ひのくに)を建日向日豊久士比泥別(たけひむかひとよくじひねわけ)といひ、熊曾国(くまそのくに)を建日別(たけびわけ)といふ。次に伊伎島(いきのしま)を生みたまひき。またの名は天比登都柱(あめひとつはしら)といふ。次に津鳥(つしま)を生みたまひき、またの名は天之狭手依比売(あめのさでよりひめ)といふ。次に佐度島(さどのしま)を生みたまひき。次に大倭豊秋津島(おおやまととよあきつしま)を生みたまひき。またの名は天御虚空豊秋津根別(あまつみそらとよあきつねわけ)といふ。かれこの八島のまづ生まれしに因りて、大八島国(おおやしま)といふ。


『古事記』の国生み、国土創生の一節です。