文道大祖 風月本主(ぶんどうのたいそ ふうげつのほんしゅ)

 北野天満宮の楼門の扁額です。平安時代中期の学者大江匡衡(おおえのまさひら)」の『北野天神供御幣并種々物文』に、「文道之大祖、風月之本主也」と道真公を称えています。

 「文道大祖」とは学問・文学の祖、「風月本主」は、漢詩・和歌に長じた人という意味です。



346回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

釣瓶

震源地

山ヒル