更上一層楼

 私の大好きな一幅の軸に売茶翁高遊外の一行「更上一層楼(さらにろうのいっそうをのぼる)」です。

 


出典は中国・唐の詩人王之渙(おうしかん)の「登鸛雀楼(かんじゃくろうにのぼる)」です。


更上一層楼 王之渙

白日依山尽  

白日は山に依(なら)って尽き

黄河入海流

黄河は海に入って流れ

慾窮千里目

千里の目を窮(きわ)めんと欲し

更上一層楼

更に楼の一層を上る


 楼の上から西を望めばあかあかと輝く夕日が沈もうとしている。黄河がはるかかなたの海へ流れこんでいる。このすばらしい眺望に心がひかれ千里のかなたまでもっと見てみたい。もっと遠くまで眺めたい。さらにもう一階上に登ってみることにしよう。

 もう一層登ると、きっと夕日に染められてキラキラと輝いている黄河が見えることでしょう。遠くまで見渡すなら、もっと上に登る必要があります。物事を広く識るためには、努力して自分が向上する必要があります。努力して自分が向上すれば、まちがいなく広い視野で周りを見渡せることができます。

 ご一緒に上りましょう!

124回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

石ひとつ

石ひとつ筆にも濡れて初時雨 武者小路千家11代家元一指斎が友禅染地露地絵に発句を書いています。 十徳を着た宗匠が正客で、次客と末客は裃を着用し腰に脇差をさした武士です。時雨が降っているのでそれぞれ露地笠をかざし下駄を履いて飛び石をすすんでいます。初時雨ということから炉開き、または口切の茶事に招かれたのでしょうか?よく見ると正客と次客の間の飛石があとから墨で書き加えられています。着賛された発句の「筆

​お問合せ

一般財団法人卜深庵

  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Facebook Icon

© 一般財団法人 卜深庵 All Rights Reserved.