豊田善右衛門聴雪

 豊田善右衛門は、江戸中期に初代・善右衛門が、縫い糸・帯締めなどを扱う糸店として「船場」(高麗橋1丁目の現・三井住友銀行大阪中央支店)の地で豊田糸店を創業しました。明治に入り軍服・警察官の制服・学生服の制作をし、イギリス・ランカシャーの羅紗(ラシャ)生地で高級紳士服をデザイン・卸し・販売し、豊田商店(現豊田産業株式会社)を明治34年(1901)に設立しました。大正7年(1918)には「株式会社豊田商店」と改め、国内外に向けた毛織物・紳士服地・婦人服地などを扱う繊維商社として、中国北東部や香港にも支店を構えました。なお、善右衛門の実弟上野理一は朝日新聞の社主・社長つとめています。また善右衛門は藤田伝三郎、上野理一、村山龍平が発起人となり京阪神の茶湯同好の実業家18名が参加する社交組織「十八会」の会員でした。十八会は会員が持ち回りで幹事を務め、毎月18日に自邸で茶会を開きました。

 明治31年(1898)に武者小路千家11代一指斎が没後、木津家2代得浅斎宗詮の門人で数寄者の平瀬露香が家元預となり、明治41年(1908)に露香が亡くなり息露秀が家元預を継承しました。翌42年6月に露秀と藤田伝三郎(芦庵)・上野理一(有竹)・豊田善右衛門の後援のもとに家元預を木津家3代聿斎宗泉が露秀から引き継いでいます。また、明治維新の後、茶の湯が低迷していた時、聿斎は茶の湯のみで身を立てるまでの20数年間豊田商店ど働き、その後も豊田善右衛門の多大な支援を受けました。善右衛門は聿斎の最大の後援者でした。

 豊田善右衛門聴雪の一行「春風入萬物(しゅんぷうばんぶつにいる)」です。

暖かで優しい春風はあらゆる物に公平です。一たび吹き渡って万物はは蘇生します。







90回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

石ひとつ

石ひとつ筆にも濡れて初時雨 武者小路千家11代家元一指斎が友禅染地露地絵に発句を書いています。 十徳を着た宗匠が正客で、次客と末客は裃を着用し腰に脇差をさした武士です。時雨が降っているのでそれぞれ露地笠をかざし下駄を履いて飛び石をすすんでいます。初時雨ということから炉開き、または口切の茶事に招かれたのでしょうか?よく見ると正客と次客の間の飛石があとから墨で書き加えられています。着賛された発句の「筆

六根

​お問合せ

一般財団法人卜深庵

  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Facebook Icon

© 一般財団法人 卜深庵 All Rights Reserved.