荘周の夢

昔者(むかし)荘周(そうしゅう)夢に胡蝶と為(な)る。栩栩然(くくぜん)として胡蝶なり。自ら喩(たの)しみて志に適(かな)えるかな。周たるを知らざるなり。 俄(にわか)にして覚(さ)むれば、則(すなわ)ち蘧々然(きょきょぜん)として周なり。知らず、周の夢に胡蝶と為れるか、胡蝶の夢に周と為れるかを。周と胡蝶とは、則ち必ず分(ぶん)有らん。此れを之(これ)物化(ぶっか)と謂(い)う。


以前、荘周は夢の中で蝶(ちょう)としてひらひらと飛んでいた。とても楽しく思いのまま満足していた。しかし自分が人間の周であることにまったく気づかなかった。ふと目が覚めて我にかえると自分は荘周ではないか。ところで、荘周が夢の中で蝶になったのだろう、それとも実は自分は胡蝶であって荘周となった夢を見たのだろうか。荘周と蝶にはは必ず区別があるはずである。実際には区別などないのである。真理は常識と異なるのである。これこそが「物化」、万物は変化するということなのである。