新樹



   新樹妨月

              大綱

心なくしけりにけりなわかみとり

のきはの月を余所にへたて丶


新樹妨月

心なく茂りにけりな若緑

軒端の月をよそに隔てて


 大綱宗彦竪詠草「新樹妨月(しんじゅつきをさまたげる)」です。

 「新樹」とは若葉が芽吹いてみずみずしい緑色をしている樹木のことで、新緑の樹木のことです。その新樹が無分別に茂ったおかげで、軒端の月が離れたところに隔ててしまいました。本当に風流心のない新樹だろうか。新樹も月も嬉しいものです。でも両立は難しいことです。

 なおこの軸は両替町久田家八代の宗員が所持していまもので、背面にその旨が記されています。



51回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

愛宕さん

夏越の祓