春雨

春雨春雨とは、春に降るやさしい雨のことをいいます。春に降る雨にはさまざまな呼び名があります。

「桜雨(さくらあめ)」は、桜が咲く3月下旬から4月上旬にかけて桜の花の咲く頃に降る雨のことです。「小糠雨(こぬかあめ)」は雨粒が霧のように細かい雨で春先にしとしとと降る雨のことをいいます。「春時雨(はるしぐれ)」は、春に降る時雨のことで、晴れたかと思ったら降り出す、降り出したかと思ったらまた止む、そうした繰り返し降る雨のことを指します。なお、雷を伴う春時雨は、特に「春雷(しゅんらい)」とも呼ばれます。「菜種梅雨(なたねつゆ)」は菜の花が咲く頃に雨や曇りが続き梅雨のような天候のことをいいます。また別に「春霖(しゅんりん)」ともいいます。花見のころ、雨が降るまえに空一面に薄雲や朧雲が広がる天気を「花曇(はなぐもり)」といいます。空一面に、うす雲が出ているときに「日のかさ」とか「月のかさ」と呼ばれる大きな輪が太陽や月のまわりにできます。昔から「月にかさをかぶると雨が降る」といわれています。昔の人は春の雨にさまざまな呼び名を付けて楽しみました。まことにゆかいいことです。