• 木津宗詮

薬玉

 薬玉は古く中国から伝わり、『続日本後記』仁明天皇嘉祥2年(849)5月5日の項に「薬玉」とあるのが最初とされています。5月5日端午の節供にこれを柱や几帳・御簾などにかけて不浄を払い、邪気を避けるものとされました。別に続命縷(しょくめいる)とか長命縷(ちょうめいる)・五色縷(ごしきる)とも呼ばれました。平安時代には5月5日に宮中では薬玉を下賜し、これをひじにかけるて邪気をはらい、悪疫を除き、寿命を延ばすききめがあるとされました。薬玉は9月9日重陽まで掛けられ、「茱萸袋(ぐみぶくろ)」と取り替える風習でした。貴族の間では薬玉が贈答に用いられ、『枕草子』や『源氏物語』などにもみえています。

 具体的に薬玉は薬は麝香1両・沈香1両・丁子 50粒・甘松1両・竜脳半両を入れ、錦の袋に入れられ、これに草花を着け菖蒲と蓬を結びつけ、陰陽道に則って5色の糸を長く垂れ下げました。通常、薬玉1連 12、閏月のある年には 13でした。室町以降はは薬玉を飾る花は造花となり,五月,菖蒲その他四季の花が用いられました。そして「真」「行」「草」の三種類があり、装飾として有職造花が作られるようになります。「真の薬玉」は端午の節会に参内した公家に下賜されました。真の薬玉は紅白のさつきと菖蒲の葉と蓬を下げた、シンプルな有職造花です。「行の薬玉」は紅の絹に包んだ六角の板の上に籐の輪を置き、それに有職造花を挿したものです。 「草の薬玉」は、一般的に薬玉と呼ばれる球形のもので、籐で作った球体に有職造花を配したものです。昭和になり、節句用に桜の薬玉・橘の薬玉を雛の左右に下げ飾ることも行われました。

毎年端午の節句にわが家では、幕末の復古派の絵師である浮田一惠の薬玉の図を掛けます。



64回の閲覧
​お問合せ

一般財団法人卜深庵

  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Facebook Icon

© 一般財団法人 卜深庵 All Rights Reserved.