青梅

青うめをうてばかつ散る青葉かな 蕪村


明かるい初夏の光りを受けて濃淡様々な若葉が茂ります。若葉の間にみずみずしい浅みどりで芳香のある実を梅は結びます。青梅はこれから梅雨にかけて大きく育ち、黄色く熟して収穫されます。。七十二候の芒種末候には「梅子黄」(梅の実が黄ばんで熟す)とあります。



梅は中国原産のバラ科サクラ属の落葉木です。和名の「ウメ」の語源は、中国語の「マイ・メイ・ムイ」を日本語的に発音したという説などがあります。いずれにしろもともと日本になかった植物ですから、日本語の名称はなく、中国語のそれがもとになっているのは間違い無いでしょう。同様のものに菊(キク)があります。なお、学名の「Prunus mume」は江戸時代の日本語の発音「ムメ」が元になっています。長崎の出島を通じてヨーロッパに紹介されたことからのようです。ちなみに英語では「Japanese apricot(日本の杏)」です。

中国では早くから酸味料として用いられており、塩とともに最古の調味料だとされています。料理の味加減や体や物事のぐあい・ようすを意味する単語「塩梅(あんばい)」とは、元々はウメと塩による味付けがうまくいったことを言った言葉です。

熟した梅の実はとても酸味が強く、また有毒と