SOS

助けが必要な時に救助を求めるための記号、または合図として使われているSOS。「Save Our Ship(私たちの船を助けて)」や「Save Our Soul(私たちを救って)」などの頭文字をとった略語だと思っていました。

調べてみると全く違いました。SOSはもともとは海上で遭難した時に船舶から救助を求める際に使われる遭難信号のモールス符号。SOSをモールス符号で送信することによって救助を求めていたのに使っていたことによります。だから単にモールス信号なので、特定の意味はないのです。時代が経過するのにつれて現在のような救助全般を求める記号として成立したそうです。

モールス符号は「・」と「-」を組み合わせることによって文字を表現する通信手段です。SOSをモールス符号にすると「・・・---・・・」となります。これは単純にこのモールス符号が覚えやすく、遭難した時など緊急時にも打ち間違いが少ないことから「・・・---・・・(SOS)」が採用されたのです。



<