Merry Christmas(メリー クリスマス)

最終更新: 2020年3月7日

 「merry(メリー)」は「楽しい」で、「 Christmas(クリスマス)」は「キリストが生まれた日」という意味です。そこで「merry Christmas」 を日本語に置き換えると「楽しいクリスマス」となります。本来は、 「We wish you a Merry Christmas(あなたが楽しいクリスマスを過ごせますように)」などの文が短くなったものだそうです。

 英語圏の地域によっては、「Merry Christmas"」ではなく 「Happy Christmas(幸せなクリスマス)"」という表現を用いるほうが一般的とのことです。「Happy Christmas"」も 「Merry Christmas"」同様に 「あなたが幸せなクリスマスを過ごせますように」という意味を持つ文が簡略化されたものです。

  merry    

   christmasu   

   Sumiko Sen


 有隣斎室澄子夫人の色紙「merry christmasu」です。先日の西翁院淀看席の寄付の床に掛けてみなさんにとても喜んでいただきました。  澄子夫人の最晩年、この色紙に好きなことばを書いてあげると言って下さいました。真っ赤な紙と金の切箔から、わたしはこのことばがもっともふさわしいと思いお願いしました。夫人もとてもにおもしろいということで快諾して下さいました。そして早速、毛筆をとり揮毫してくれました。夫人はアルファベットを毛筆で書くのははじめてだったそうで書きにくいとおっしゃっていました。多分、この世に一枚だけの作品だと思います。  夫人には格別可愛がっていただきました。生涯忘れることのできない素晴らしい思い出です。

 わがやの家宝のひとつです!

76回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

石ひとつ

石ひとつ筆にも濡れて初時雨 武者小路千家11代家元一指斎が友禅染地露地絵に発句を書いています。 十徳を着た宗匠が正客で、次客と末客は裃を着用し腰に脇差をさした武士です。時雨が降っているのでそれぞれ露地笠をかざし下駄を履いて飛び石をすすんでいます。初時雨ということから炉開き、または口切の茶事に招かれたのでしょうか?よく見ると正客と次客の間の飛石があとから墨で書き加えられています。着賛された発句の「筆

​お問合せ

一般財団法人卜深庵

  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Facebook Icon

© 一般財団法人 卜深庵 All Rights Reserved.