契ありてけふ宮川の夕かつら長き代まてもかけてたのまゆ

定家卿

契ありてけふ宮川の夕かつら長き代まてもかけてたのまゆ

               柳斎書


神宮古材茶杓

定家卿和歌 契ありて云々

             卜深菴(花押)




癸酉御遷宮記念茶杓 廿ノ内




こちらも前々回の式年遷宮の記念の茶杓です。祖父で卜深庵五代柳斎が藤原定家の和歌わ銘にした茶杓です。

『新古今和歌集』に、


おなじ時、外宮にてよみ侍りける

契りありてけふみや河のゆふかづら

永き世までにかけてたのまむ


前世からの因縁があって、今日伊勢の外宮に参ることができた。木綿鬘(ゆうかずら)をかけ、永く続く将来の世までもご加護を頼み申そう。

宮川は伊勢国の歌枕で、外宮の近くを流れ、外宮の象徴とされました。宮川の「み」に「見」の意を掛け、「かけて」は木綿鬘の縁語で、神事が行われことを示しています。伊勢参詣をめでたい巡り合せとし、その縁を力として神の加護をつよく請い願う心